【2020年最新版】法人担当者の方必見!契約におすすめな法人携帯の代理店を比較ランキング形式で紹介しています。

法人携帯を業者や代理店から申し込むメリット

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/08/19

携帯電話といえば個人名義で契約し利用するのが一般的ですが、法人の業務の特性を踏まえた法人携帯を採用する事業所が増加しています。理由は法人携帯には個人が契約する場合とは違う色々なメリットがあるからです。ここでは法人携帯を専門業者や代理店などで申し込むメリットについて紹介します。

法人専門のコースを各社が用意している

最初に法人携帯の意義を確認しておくと、法人携帯とは株式会社や有限会社などの法人が名義人となって契約し、従業員に無償で貸与している携帯電話やスマートフォンなどの端末のことを指します。

携帯電話の普及率の高さを踏まえれば、わざわざ法人名義で改めて契約を締結することは必要性が低いようにも思えます。 しかし法人携帯を代理店や専門業者に依頼することには、通信コストを削減できるというメリットがあるのです。

大手キャリアのドコモやKDDI、ソフトバンクなどではいずれも、法人携帯について非常にお得な利用プランを用意しています。プランの詳細には違いがありますが、概ね社員同士が通話する限り24時間通話料金無料というサービスを提供しているのが見て取れます。社員間の連絡や取引先との連絡を取るシーンなど電話をする必要性が高いため、そのコストを削減することは全体でも大幅なコストカットを期待できます。

また携帯電話サービスではポイント還元が提供されていますが、法人携帯では毎月のポイントを集約できるので、携帯端末の買い替えなどの原資にもためておくことができて便利です。 もちろん通常の個人携帯のようにMNP(乗り換え)の活用にも対応しています。さらに携帯の契約事務手数料が無料であることや、途中解約違約金の還元や現在使用している端末の残債の清算をポイント還元するなど、魅力的なサービスも合わせて提供されています。

業務効率や社員満足度のアップを見込める

大手キャリアの代理店や専門業者に依頼して、法人携帯導入の契機になるのは、通信コストの大幅な削減にあることが多いのは確かですが、それと並ぶくらい導入するモチベーションとなるのは、従業員の満足度上昇につながる点です。

ビジネス通信のためには社内ネットワークを使用することができるので、余計な通信費を削減できるばかりか、外部からかかってきた電話などのスマホ転送なども容易にできるので業務効率が飛躍的に向上します。

従来の方法では担当部署が不在だったりした場合には、当該社員に連絡を取り、改めてコンタクトを取ることが当然でした。しかし、法人携帯を利用すれば直接転送できるので、本来の業務を中断する必要がなく迅速に対応することを可能にします。

そのほかにも個人の携帯端末では使用できないようなアプリなども、データ通信料を気にすることなく利用できて、業務上の必要な情報を出先でも気軽にピックアップできます。外出先からでも社内資料を閲覧して問い合わせにスピーディーに対応したり、グループ内での情報共有もリアルタイムで共有したりすることもできます。

突然グループ同士での情報共有が必要なシーンに遭遇しても、端末をプラットフォームにリアルで集合するまでもなく、メンバーがその時点でいる場所から移動することなく、必要な打ち合わせを終えることも可能です。円滑なコミュニケーションを実現する法人携帯はメリットが大きいはずです。

セキュリティ向上や、経理業務を簡素化

携帯端末はサイズがコンパクトで多機能なので、外出先でも気軽に使用できます。ポータビリティに優れているのが携帯端末の特徴ですが、常に紛失や窃盗のリスクに直面しています。ビジネスシーンで携帯端末を利用すれば、機密情報なども社員同士のコミュニティーの中で共有されることが想定されます。

仮に個人が所有していた携帯端末が取引先や顧客情報などが保管された状態で紛失すれば、機密情報の漏洩のリスクが非常に高まります。近年では企業に情報漏洩のリスクに備えることが要求されており、信用にも大きな影響を与えます。このようなリスクも法人携帯を活用することでコントロールすることが可能です。

具体的には従業員が携帯端末を紛失しても、管理者権限で携帯電話をロックしたり、データを削除したりするなどの対策を取ることが可能です。また紛失した場所をソートできるサービスなども提供されています。つまり法人携帯を導入することで、機密情報の管理やアクセスなどのルールが整備されるので、従業員の意識面でのリスクマネジメント意識を向上することにもつながるはずです。

また、部署ごとに異なる携帯端末を利用していると、請求の一つ一つを精査する必要があり毎月の清算に労力が必要とされます。このような課題も法人携帯を導入して統一して使用することで、毎月の請求を一括管理できて経理業務も大幅に効率アップを見込めます。

 

株式会社をはじめとした法人の事業所では、業者や代理店から法人携帯を導入すると色々なメリットがあります。 社員間同士は通話料無料・担当部署からの転送サービスなど社員の満足度を向上させます。また紛失時のセキュリティ機能なども配慮されており、情報漏洩などのリスクを低減できるのもメリットといえます。

おすすめの法人携帯代理店一覧!

商品画像1
2
3
4
5
商品名株式会社ソルブマネージメントフロンティア株式会社株式会社ビジョン兼松コミュニケーションズ株式会社株式会社ベルパーク
特徴信頼関係を大切にしている最先端テクノロジーを活かしている法人携帯に特化したサイトを運営幅広くサービスを展開携帯電話キャリアショップの運営店
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧