【2020年最新版】法人担当者の方必見!契約におすすめな法人携帯の代理店を比較ランキング形式で紹介しています。

法人携帯に入れたい便利なアプリを紹介!

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/07/20

法人で携帯電話を導入する場合に、その用途をメールや通話だけに限定してしまうのは非常にもったいない話です。仕事の効率を高めてくれたり、管理がしやすくなったりといった便利なアプリがたくさん開発されています。もちろん法人携帯ならではの注意点もありますから、セキュリティなどの克服すべき点を抑えた上で、アプリを選んでみましょう。

連絡手段に持ってこいの便利ツール

現在、スマートフォンを持っている人でも通話機能を使わない人は増えてきました。チャットや通話アプリが普及したことによって通信回線を使わずともWi-Fi環境があれば、ほとんど無制限に通話ができるからです。

法人携帯でもこうした通話アプリは利用されていることが多く、メールに関しても無料で利用できるものを使う場合が増えています。もちろん、いまだに固定電話やFAXを使う企業もありますが、もはや通話やメールといった連絡手段は無料で行うところが多数派になりつつあるでしょう。

特に人気なのはチャット機能と連動したもので、仕事の連絡や伝言、通話などがひとつになっているものが人気です。こうしたアプリをビジネスチャットツールと言います。ビジネスチャットツールはこれまでPCで利用されることを想定したものが多かったのですが、現在はスマホに最適化されたものも増えているため、選べる幅が広がっています。

機能もどんどん充実しており、ビデオメッセージのやりとりからタスクの管理、ファイル共有などまで、さまざまなことが可能です。チャットツールは多くの企業が導入していることからセキュリティ面でも信頼を得ています。

通話アプリを利用する場合に重要視されているのは、その音質の安定性です。また、最近増えてきているテレワークを導入した企業において利用されていることが多いのは、多人数で会話ができるウェブ会議サービスになります。

ビジネス効率化のための便利ツール

法人携帯では、連絡手段だけでなくオフィスツールとしても有用なアプリが利用できます。はじめに紹介するのは名刺管理アプリです。名刺は紙で保存すると場所を取り、探すのも大変でした。そのような苦労も名刺管理アプリを利用すれば検索が簡単で大量の情報を管理することができます。

ノート管理に関してもツールを使ってみましょう。現在登場しているノート管理はワンクリックで気になるニュースが保存できたり、思考を刺激するノートが登場していたり、とさまざまなものがあります。デバイス間でデータの閲覧が可能なので、法人携帯で保存したものをPCで閲覧して編集することもでき、非常に便利です。

カレンダーもビジネスパーソンには必須のツールですが、今は自分だけではなく、メンバーの予定まで管理できるカレンダーが人気のツールになっています。メンバーの日々の業務が分かりやすくなり、飲み会の参加メンバーの把握にも役立つ機能です。

また、情報のアンテナを常に立てておかなければならない社会人にとって、ニュースアプリは非常に役立つツールになるでしょう。ニュースの集まるポータルサイトになっているので、ウェブサイトを行き来することなく情報収集でき、非常に便利です。

現在は自分の嗜好や関心に合わせパーソナライズされたニュースが配信されるものが人気を集めています。配信される記事の本数も制限できるので、忙しい社会人にも無理のない情報収集が可能です。

法人携帯にアプリを入れるときの注意点

法人携帯を利用する場合には何かと制限があります。会社の備品ですから当然のことでしょう。また、セキュリティの観点からも自由に使うことはためらわれます。

もっとも怖いのが情報流出です。現在、ひとつのPCには数テラバイトの情報が入り、スマートフォンでも数百ギガバイトの情報が入ります。そのため、1カ所から膨大な数の個人情報や会社の情報が流出する可能性があり、大変危険です。

スマホアプリのなかにはセキュリティ上の危険性があるアプリもあるので、しっかりとしたものを選んでください。ビジネス用のアプリに利用するのはきちんとした企業のものがいいでしょう。法人携帯に大切な情報を保存しておかないことも大切です。できるだけ用途を限定しておいて、持ち出すときのシーンも考えておくことをおすすめします。

もちろん社員のプライベートな利用は厳禁です。ここまでセキュリティ対策について述べてきましたが、実は法人携帯は個人携帯よりも対策がしやすいものです。一括管理が可能なため、万が一情報流出のようなことが起こっても問題が迅速に把握しやすいとされています。

さらに法人携帯はデータ容量が非常に多いので、業務の効率化が実現するところはメリットになるでしょう。テザリング機能を筆頭に社外でもPCを自由に扱えるのは大きなメリットです。個人用携帯だと、データ制限がかかり非効率になる場合があります。

 

法人携帯は、使い方によって仕事を助けてくれたり、興味や関心を広げてくれたりする便利なツールです。もちろん社用携帯になるので、完全に自由に使うことは難しいでしょう。それでも、ここで紹介したいくつかのツールを入れれば効率アップや充実したビジネスライフに役立つはずです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめキャリア・代理店紹介