【2020年最新版】法人担当者の方必見!契約におすすめな法人携帯の代理店を比較ランキング形式で紹介しています。

法人用スマホはiPhoneとAndroidどちらにするべき?特徴を比較

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/20

少し前までは法人携帯といえばガラケーと呼ばれる折りたたみ携帯を使うのが一般的でした。維持費も安く余計な機能がついていないと言う点が判断基準となっていましたが、最近ではスマートフォンの利便性が現場に必要不可欠となることもあり、徐々に採用されるケースが増えています。そこで気になるのがiPhoneとAndroidの特徴の違いです。

法人携帯としてiPhoneが持つメリットについて

iPhoneは日本では非常に大きなシェアを持つスマートフォンで、新製品が発売される度に話題となっています。一般企業向けの法人携帯に採用しているケースも少なくありません。

メリットには使いやすくセキュリティに優れていると言う点が挙げられるでしょう。メーカーがアップルのみであると言うことが1つの理由でもあり、安定性の面では非常に優れている特徴を持っていることが知られています。

法人携帯としてはこのセキュリティ面に優れていると言う特徴が役に立つ局面が多くあります。使い方の問題であると言うのが本来の考え方であるとは言え、多くの人が使うことを想定した上で使いやすいものであると考える管理者は多いのです。比較的信頼が高いと言うのがiPhoneの特徴と言えます。一般のユーザーでもiPhoneの方が好きという人は少なくありません。

しかしながら多くの場合iPhoneはAndroidよりも高額です。コスト意識を持つ一般企業にとって、積極的に導入するだけのメリットがiPhoneにあるとは限らないでしょう。運用コストの安さを考えてiPhoneを敬遠すると言うことも現実問題で存在しています。

性能面ではほとんど問題のないものであると言えますが、法人携帯として導入するにあたってはいくつかのハードルがあると言うのも事実です。

法人携帯としてAndroidが持つメリットについて

Androidは様々なメーカーが開発したスマートフォンに搭載するOSとして非常に有名です。iPhone以外のスマートフォンの多くは、このAndroidが搭載されていると言うふうに考えても間違いではない位の大きなシェアを持っています。そのため一口にAndroidといっても、その選択肢には非常に多くの数があるというのが現実となります。

多くの場合OSで決めるのではなくスマートフォンの魅力を個別に検討することになるでしょう。 法人携帯の場合、スマートフォンが持っているスペックの多くを引き出す必要があるかと言えば、そこまでのものは求められていないと言えます。

スマートフォンの持つ便利な機能を使いたいが、ハイエンドのモデルである必要はないのです。したがって法人携帯としてはやや旧式で安く導入することができるモデルを採用することができると言う点において、Androidは豊富な選択肢を持っていると言えるでしょう。

簡単に言ってしまえば安いコストでの導入がしやすいと言うことです。 セキュリティ面については若干の不安を示すケースが確かに存在していますが、使い方に注意をすれば心配せずに済むレベルであると考えることもできます。大切なのは使い方であると言えるでしょう。したがってコスト面においてはiPhoneシリーズよりもメリットが大きいと考えることができます。

実際に使われている法人携帯はどちらか

法人携帯に採用されているスマートフォンとしては、iPhoneよりもAndroidの方が圧倒的に大きなシェアを持っているのではないかと言われています。この背景にあるのはやはりコスト面の問題であると言えるでしょう。

携帯電話は通話をしなくても維持費が発生するため、少しでも安価に抑えるということが必要になってきます。法人携帯を取り扱う会社としてもそのようなニーズは理解しており、格安で提供することができるスマートフォンを準備すると言うのが一般的です。その結果提供されるモデルがAndroidになりやすいことは言うまでもありません。

すべてのモデルが安いと言うわけでは無いのですが、旧式のモデルになるとかなり格安になると言うのは広く知られている事実です。このような背景がありますので、法人携帯としては一般的にAndroidである場合が多いです。

仕事で使う機能を求めているのであれば、最新モデルである必要がないことが多いので、安価に入手することができるモデルが結果的にAndroidになりやすいと言うのは競争が激しくモデル数が多いと言うことに大きく関連しています。

一部の職種のようにiPhoneでなければならない理由がある場合を除いて、基本的には維持コストが安い方を選択することになると考えられるため、法人携帯にはAndroidが広く選択されることになっています。

 

法人携帯にどのようなスマートフォンを選択するのかは会社の判断に委ねられていますが、モデル数が多く安価に導入する選択肢の多いAndroidが選ばれていることが多くなっています。これはコスト面から導き出された結論であるとも言えるでしょう。

法人携帯では一般的なユーザーに求められることの多い機能性をあまり必要としないため、コストを重視し、少しでも安く使用できる方を選ぶことが多くなっているようです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめキャリア・代理店紹介