【2020年最新版】法人担当者の方必見!契約におすすめな法人携帯の代理店を比較ランキング形式で紹介しています。

全国的に見た法人携帯の普及率はどのくらい?

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/08/19

法人携帯の保有率や普及率はどのくらいあるのでしょうか。現在、多くの企業が法人携帯を導入しているようです。業務を効率化するためにも、法人携帯の導入はメリットがあると考えられます。ここでは法人携帯について、普及率やその背景などを詳しく見ていきます。どのくらい普及しているのか、なぜ導入が増加しているかなどの理由を知ることが可能です。

法人携帯の普及率について知ろう

法人携帯はますます普及してきています。そもそもスマートフォンや携帯の国民普及率が100%を超えています。携帯電話契約数は約1億5千万件ですから、人口に対する普及率は120%近くになるのです。

法人の場合、70%以上の法人が携帯やPHS、そしてスマートフォンのどれかを社員に支給しています。これは少ないようにも思えるかもしれませんが、以前と比べると雲泥の差です。法人携帯の普及率は年々確実に上昇しており、いずれは90%を超えるほどになることでしょう。更にテストや部分導入などを含めると更に普及率は高まってきます。

これだけ法人携帯が普及しているのは先進国でも稀であり、いかに日本の企業において法人携帯が活用されているかが分かるでしょう。 法人携帯を利用する際のコストもますます下がってきており、導入も容易にできるようになっています。何よりも携帯の性能が向上しているので、導入しているかどうかが業務に与える影響も大きくなっているということもポイントです。

今後も携帯の活用は企業において増えていくことが予想されますが、だからこそ時代の動向に遅れないようにしたいところです。他の会社が取り入れているのに、自分の会社が取り入れていないと、社員の士気にも関わってきます。これからの時代、携帯を業務に活用しないでいると思わぬデメリットを被ることになりかねません。

導入が増えている背景について知る

法人携帯の普及率が増えているのにはいくつかの理由があります。 まず、業務効率化のために導入される事例が増えているということです。スマートフォンなどは特にそうですが、こうした製品を取り入れると、少ない人員で業務をこなせるようになり、効率化にも役立ちます。だからこそ、他社に差をつけたい場合には高性能なスマートフォンなどを導入することが大事になってきます。

他に、災害時や緊急時の対応強化という観点からも携帯を導入することが増加傾向です。災害時には社員間のコミュニケーションや社員の安否確認などが必要になってきますが、こうしたことに最適なのが法人携帯です。

携帯によっては災害時にも繋がりやすいものもあり、コンティンジェンシープランの強化にも繋がります。災害だからといって業務を遂行できないようでは企業として失格とみなされるようになってきていますから、災害時にも問題なく営業できるような体制を確立しておかないといけません。

個人情報の保護という観点からも、法人携帯は活用されています。法人携帯であればより安全に個人情報等も管理できるので、思わぬ情報流出も避けることが可能です。

情報流出に関わるニュースは連日のように耳にするからこそ、法人専用携帯を用いて対処することが必要になってきます。私有携帯を業務に用いていると、情報流出などの問題が起こる可能性が高くなるかもしれない、ということをしっかり認識しておく必要があります。

いろいろな活用ができる法人携帯の利点

法人向け携帯にはさまざまな機能が増えています。 たとえば、ビジネスチャットができる機種もあります。ビジネスチャットができれば迅速にコミュニケーションが可能になり、効率があがるのです。特に営業などの仕事では、ビジネスチャットなどの機能が付与されている機種が役立ちます。

外出先でさまざまな仕事ができるようになることも利点です。法人向け携帯があれば外出先でファイル管理ソフトを用いたり、文書ソフトを利用したりして多様な業務ができるため、事務所に戻る必要性が減ることから、更に効率性が上がります。こうした多様な使い方ができることも普及率が増えている理由です。

法人向け携帯を導入すると逆にコストがかかるのではないかと思う人もいるかもしれません。実は、経費削減という観点から考えても法人向け携帯にはメリットがあります。法人向け携帯を取り入れると少ない人員で仕事ができるようになったり、無料アプリを利用して多様なサービスが利用できるようになったりします。

結果的に経費削減に繋がることが多くなるのです。だからこそ、コスト管理で苦しんでいるという場合にも導入を検討するとよいでしょう。

法人向け携帯を取り入れたら活用することも大事です。普及率は高くなっているものの、実際に有効活用されているかというとそこまででもありません。取り入れたらしっかりと研修なども行って、少しでも従業員に活用してもらうことが必要になってきます。

 

法人向け携帯は実に役に立つものです。業務効率の向上、情報セキュリティの面から見ても導入すると良い点が多くあり、今後もますます普及していくものと思われます。まだ法人向け携帯を取り入れていないという場合には一度、専門業者に相談して導入を検討するとよいでしょう。

おすすめの法人携帯代理店一覧!

商品画像1
2
3
4
5
商品名株式会社ソルブマネージメントフロンティア株式会社株式会社ビジョン兼松コミュニケーションズ株式会社株式会社ベルパーク
特徴信頼関係を大切にしている最先端テクノロジーを活かしている法人携帯に特化したサイトを運営幅広くサービスを展開携帯電話キャリアショップの運営店
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧