【2020年最新版】法人担当者の方必見!契約におすすめな法人携帯の代理店を比較ランキング形式で紹介しています。

フロンティア株式会社の画像1

株式会社フロンティアは、最先端テクノロジーを活かして、個人や法人のお客様のビジネス、コミュニケーションがより豊かになるような提案を行っています。企業理念が「若者のロールモデルの創出」というところから、若者の社員が多い企業だということがいえるでしょう。

若者が多いからこそ、他の会社にはないような新しいプランを提案してくれるかもしれませんね。

おすすめポイント最先端テクノロジーを活かしてお客様に貢献

意欲のある社員が通信サービスを丁寧にサポート

フロンティア株式会社の画像2

移動通信機器の販売事業

株式会社フロンティアは「通信」と最先端テクノロジーを活かして、ビジネスやコミュニケーションがより豊かになるような提案をしています。その提案は大きく分けて3つの事業から行っており、その1つが「移動体通信機器の販売事業」です。

「移動体通信機器の販売事業」は、個人と法人向けの通信サービスを包括的に行っている事業で、携帯電話端末の販売を中心に、独自のマーケティング手法でさまざまな販売チャンネルを提案。これまでの経験で培った豊富な営業ノウハウで販売や提案を行い、丁寧にサポートしてくれます。

沿革

2013年に株式会社フロンティアを設立し、その2か月後に別の会社で行っていたソフトバンクモバイル事業を譲渡されました。それから三宮店、渋谷店や横浜店など数多くのソフトバンクモバイル店舗を展開。

現在ソフトバンクモバイル事業は「移動体通信機器の販売事業」として、数多くの個人や法人のお客様の通信サービスをサポートしています。また株式会社フロンティアは、この移動体通信機器の販売事業だけにとどまらず、ウォーターサーバーの販売、雑誌の発行、お父さんアームスタンドなどの商品企画など、さまざまなことにも挑戦している企業なのです。

会社について

本社は東京と大阪にあり、他にも関東、北陸、東海、関西に多くの支社を展開しています。このように多くの拠点を保有している株式会社フロンティアは、「若者のロールモデルの創出」という企業理念のもと、年齢や学歴、性別に関係なく、日本の経済を引っ張っていけるような人材を輩出していくことが目標です。

このことから、若者でもビジネススキルが優れていれば、さまざまな経験を積める企業だということが言えるので、社員は全員意欲があること間違いないでしょう。

フロンティア株式会社の画像

フロンティア株式会社

最先端テクノロジーを活かしてお客様に貢献

公式サイトで詳細を見る

法人携帯を導入した事例を紹介!

フロンティア株式会社の画像3
ここでは、株式会社フロンティアの「移動体通信機器の販売事業」をより理解できるように、法人携帯を導入した事例を見てみましょう。

導入したサービス

ソフトバンクテレコムの「FMC-PBX」、それに加えて「おとくライン」と「Wホワイト」も合わせて導入。まず、「FMC-PBX」と「おとくライン」を合わせて導入したことで、PBXの機能を活用し、固定電話と携帯電話をシームレスに組み合わせて、携帯電話の内線化を実現しました。

これなら取引先のお客様も、固定の電話番号なのか携帯の電話番号なのかを気にせず、同じ番号に発信ができるようになります。さらに、これまで使っていた内線番号を引き継ぐことも可能です。

それらに合わせて導入した「Wホワイト」はソフトバンクの割引サービスで、通話料金が半額になり、なおかつ固定、携帯電話を含めた社員間での通話料金を定額にできます。これは導入の一例になっていて、「Wホワイト」に関しては2018年の6月で新規受付を終了してるサービスです。

課題と効果

では一体どのような課題があって、「FMC-PBX」、「おとくライン」、「Wホワイト」を導入し、どのような効果が生まれたのでしょうか。今回取り上げられた課題は3つあるのですが、どれも多くの方が抱えている課題であるといえるでしょう。

まず1つ目がパソコンが立ち上がっていないと電話が使えないため、社外で使用できないという課題です。この課題を解決するため、全社員に携帯電話を導入し、携帯電話の内線化を実現。

それにより、移動中や外出先でも通話ができるようになったので、不便さがなくなり、ビジネスチャンスを増やすことにも成功しました。2つ目の課題は、導入コストや工期です。

なるべくコストは安く、そして工期は短くしたいということで、「FMC-PBX」で低コストかつ短期間での導入を可能にし、さらに「おとくライン」と割引サービスの「Wホワイト」を一緒に契約したことで、通話コストをなんと30%以上も削減しました。最後3つ目の課題は、携帯電話の盗難や紛失による情報漏えいです。

携帯電話を落としたことにより、大事なお客様の個人情報が外に漏れてしまったら大変なことになってしまいますよね。そんな最悪な事態を防ぐために、遠隔ロック機能が搭載されており、もし万が一のことが起きたときは携帯電話のロックやデータを消すことが可能です。

このように、お客様によって課題はそれぞれあるとは思いますが、その課題に合わせてプランを細かく提案してくれるので、安心してお任せしましょう。

さまざまな事業でお客様の課題を解決

フロンティア株式会社の画像4
株式会社フロンティアでは、「移動通信機器の販売事業」以外にもさまざまな事業を行っています。そこで、ここではその事業と導入した事例も合わせて紹介していきます。

固定通信・ブロードバンド通信サービスの加入取次

さまざまなことに挑戦している株式会社フロンティアは、2015年にインターネット回線の販売も始めました。個人や法人のお客様に向けて、それぞれの利用する環境や用途に合った通信サービスを提案し、加入の取次をしてくれます。

通信環境に関しては、素人だと分からないことが多いと思いますが、株式会社フロンティアの社員は多くの経験を積んでいるプロなので、担当者が誰でも分かるよう、簡単にかつ丁寧に説明してくれることでしょう。

環境関連事業

さらにもう1つ事業を展開しています。それが「環境関連事業」といって、名前のとおり、環境やコスト削減に貢献できるような商品を販売している事業です。

具体的には、個人や法人向けのソーラーパネルや電力といった自家発電の販売、そして家庭でも利用できるようなウォーターサーバーの取り扱いを行っています。

導入事例

ある会社では、社員が増えるたびにデバイスを購入していたため、デスクトップパソコン、ノートパソコン、タブレット端末など、社員によって持っている機種やOSが異なっていたそうです。これだと管理が大変だったり、パソコンでは行える作業がタブレットではできないなどの不具合が生じました。

そこで、ノートパソコンとしてもタブレットとしても利用できる「Surface 3」を全社員に導入。全社員のタブレットが統一されたことで管理が楽になり、またタブレットではできなかった作業もできるようになりました。

さらに、社内の基幹システムと連携しているおかげで、社内で行っていた作業が社外でもできるようになったので、時間の短縮や業務の効率化を実現。これなら、もし当日に急なアポイントが入っても、わざわざ会社に行く必要もなく、家から直行できますよね。

まずは「問い合わせ」をしてみよう!

株式会社フロンティアは、さまざまなことに挑戦している活気のある企業です。展開している事業の1つである「移動体通信機器の販売事業」では、個人や法人向け携帯電話端末の販売を中心に、細かく丁寧にサポートしてくれます。

そのため、法人携帯に関しても経験や知識が豊富なので、いくつかの課題を抱えていても、すべて解決できるようなプランを提案してくれることでしょう。ぜひ一度、電話もしくはWebから問い合わせてみてください。

フロンティア株式会社の画像

フロンティア株式会社

最先端テクノロジーを活かしてお客様に貢献

公式サイトで詳細を見る