【2022年最新版】法人担当者の方必見!契約におすすめな法人携帯の代理店を比較ランキング形式で紹介しています。

法人携帯をレンタルするメリット・デメリットについて解説!

公開日:2022/09/15  最終更新日:2022/09/08

法人携帯をレンタルするメリット・デメリット

近年、円安や物価高の影響で携帯電話端末の料金も高騰しています。法人携帯の導入を検討する際に、レンタルか購入かで悩む方も多いのではないでしょうか。今回は、法人携帯レンタルのメリットやデメリット、購入とレンタルが向いているシーンをご説明します。継続的に必要になる費用を可能な限り削減して、会社の利益アップを目指しましょう。

法人携帯をレンタルするメリット

法人携帯をレンタルするメリットは、どのような点が挙げられるのでしょうか。現在多くの携帯会社が法人携帯のレンタルサービスを提供しており、用途に合わせた利用が可能です。

短期の利用が可能

携帯レンタル会社によっては、法人携帯を1日から利用できるプランを提供しています。購入した場合は、法人回線の契約に2年から3年の縛りがあることが多いため、短期間の利用にはレンタルが向いています。

イベント時や繁忙期のみの利用など、短期間で多くの人数が利用する場合には、大幅にコスト削減することが可能です。

サポートが充実している

購入する場合と比較して、法人携帯をレンタルする場合は、トラブル時のサポートが充実しています。常時対応のコールセンターを設けている会社が多く、故障時の修理対応や、操作方法の問い合わせにも迅速にサポートを受けることができます。

そのため、携帯電話についての問い合わせを社内で対応する必要がありません。故障時も最短で翌営業日には代替え品が届くため、ビジネスにも影響を受けずに済みます。手間のかかる修理の手配や、再購入の手配などの手続きを委任できるのも、会社としては嬉しいポイントです。

会社にキャッシュを残せる

購入の場合とは違い、レンタルは携帯電話本体の料金を支払う必要がありません。端末の購入費用や事務手数料などの初期費用をかけずに、利用を開始することが可能なので、キャッシュが会社に残ります。

法人携帯をレンタルするデメリット

メリットが多い法人携帯のレンタルですが、契約前にデメリットも把握しておきましょう。

違約金が発生する場合がある

法人携帯を購入する場合は回線のみの契約となりますが、レンタルの場合は端末と回線のそれぞれに契約を結ぶ方法が一般的です。したがって、初期レンタル契約期間内に解約する場合は、端末と回線両方の違約金が発生する場合があります。

レンタル契約を結ぶ前に、初期レンタル契約期間や違約金について、詳しく契約内容を確認しておく必要があるでしょう。

返却が必須

法人携帯のレンタルを契約解除する場合は、携帯電話本体を返却する必要があります。盗難や紛失などにより携帯電話本体が手元にない場合は、損害金の請求となる可能性もあるため、注意が必要です。

会社によっては、オプション契約で故障や紛失が起こった場合の保証を付帯できるので、必要であれば事前にオプションをつけておくと安心です。

法人携帯を導入する場合に購入、またはレンタルするか、どちらが賢い選択なのでしょうか。ビジネスシーン別のおすすめをご紹介します。

短期的に必要になる場合はレンタル

イベントやセミナー、繁忙期などの期間限定で、社内の人数を増やして対応する必要がある場合は、レンタルがおすすめです。レンタル会社によって最低契約期間は異なりますが、1日からレンタル可能な会社もあるため、短期で利用する場合には、安価で導入することが可能です。

さらに、多くの人数へ対する携帯電話の支給が必要で、携帯電話のトラブルや対応を極力減らしたい場合も、サポートが充実していて対応を委任できるレンタルを選ぶとよいでしょう。社内の人員を携帯電話の調整に割く必要がないため、人件費削減につながります。

長期で利用する場合は購入

一方、長期で利用する場合は、購入の方が向いているといえるでしょう。長期で法人回線を契約する場合には、大幅な割引を使える場合があります。さらに端末を購入した方がレンタル代金を払い続けるよりも安く済む可能性があります。

契約前に、自社での利用頻度や利用期間をシュミレーションしてどちらがお得になるか、確認するとよいでしょう。端末料金の値上げも続いているため、料金については慎重に検討する必要があります。

まとめ

法人携帯を購入とレンタルではどちらを選ぶべきか、レンタルするメリットやデメリットについても説明しました。レンタルでは、初期費用を削減できることや、サポートが充実しているために実質の人件費削減につながること、短期間のイベントなどにも低コストで導入できることがよい点です。しかし、レンタル会社によって契約期間が定められており、期間内の解約や機種変更には高額な違約金が発生する場合もあるため、注意が必要です。さらに、故障や紛失で多額の損害金が必要になる場合もあるため、心配であればオプションの加入を検討しましょう。法人携帯の導入を検討している目的によって、レンタルがよい場合も、購入の方が安くなる場合もあるため、どちらか迷っている場合は見積もりを依頼してみるとよいかもしれません。

おすすめの法人携帯代理店一覧!

商品画像1
2
3
4
5
商品名株式会社ソルブマネージメント株式会社ビジョン株式会社ベルパークフロンティア株式会社兼松コミュニケーションズ株式会社
特徴信頼関係を大切にしている法人携帯に特化したサイトを運営携帯電話キャリアショップの運営店最先端テクノロジーを活かしている幅広くサービスを展開
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧