【2020年最新版】法人担当者の方必見!契約におすすめな法人携帯の代理店を比較ランキング形式で紹介しています。

退職者の使っていた法人携帯はどうする?電話番号変更で再利用できる

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/20

退職者の使っていた法人携帯の扱いについてはあまり知られていません。基本的には電話番号変更などをして再利用することができるので、退職者の携帯も有効活用することができます。

しかし、退職者の携帯を再利用する際には情報流出防止などの対策が必要です。ここでは実際に再利用するために必要なことや、再使用時の注意点について紹介します。

退職者の法人携帯は再利用出できる

法人携帯の管理上、退職者の法人携帯の扱いには細心の注意が必要になります。なぜなら、退職者の法人携帯は個人情報の宝庫だからです。重要な顧客情報や退職者自身の情報、そして外部に漏れてはいけないような会社の情報などが詰まっています。ですから、そのまま利用するということはとても危険で基本的にできません。

こうした携帯を利用する場合、まずはフォーマットする必要性があります。初期化をして情報を全て消した後に、新しくセットアップをし直して利用するのが通常です。また、その際に電話番号を変更することが業者によっては簡単にできます。追加費用がかかるかどうかはケースバイケースですが、電話番号を変えることで全くの新品のように使うことが可能です。

携帯電話番号を変える必要性はないと指摘する人もいますが、番号を変えないと思わぬトラブルになることがあります。法人携帯を管理するうえで番号を変更することは必要なことなのです。

こうしたフォーマットなどは全て業者に委託できます。機種によっては業者でないとフォーマットできないこともあります。直ぐに次の人が引き継いで法人携帯を使えるようにはならないこともあり、再使用のために数日必要になることもあるので注意が必要です。フォーマット時には、携帯の汚れを落とすための掃除やバッテリー交換なども同時に行ってくれる業者もあります。

場合によっては再利用できないこともある

退職者の携帯が必ず再利用できるようになるとは限りません。場合によってはそのまま破棄されるケースがあります。例えば、情報流出を防ぐという観点から再使用しないほうがよいケースもあります。こうした方針は会社としてきちんと定めておくべきでしょう。

内蔵バッテリーがほぼ使用できなくなっている場合には、そのまま携帯を破棄することもあります。業者の対応がどのようになっているかは契約前に確認しておきましょう。もし再利用ができない場合には、新たな携帯を導入するのにコストがかかる可能性もあります。

電話番号を変える場合には、特に気をつけなければならない点があります。電話番号を変えたことで既存の顧客と連絡が取れなくなったりすることもあるからです。変更前には顧客情報や着信履歴などを確認して、適切に引き継ぐことが必要です。

更にセキュリティにおいての懸念もあります。スマートフォンが取り入れられることも多くなっていますが、ハッキングされる危険性も高まっています。初期化せずにいつまでも継続利用していると、ハッキングによる被害の可能性も高くなるので気をつけておくべきです。

このような点から、退職者の携帯は全て初期化することを慣例化しておくとよいでしょう。面倒なようですが、実はこのほうが余計なトラブルを減らすことができるので、情報流出防止のためにも大事です。

情報流出を防ぐにはどうすればよいか

退職者の携帯をそのまま使っていると情報流出の危険性が出てきます。だからこそ、フォーマットが必要ですが、法人携帯をより安全に使うためにも会社として情報流出に対する管理が必須になってきます。情報流出を防ぐためにもしっかりと社員教育をしておきましょう。

社員教育をすることによって余計な問題を防ぐことができます。具体的には、法人携帯は仕事をするうえで必要な場合のみに使用するということを徹底するということです。私的な利用は厳禁で、必要なアプリケーション以外は一切ダウンロードしないようにする、といった取り組みが求められます。

特に最近はスマートフォンが採用されることも多くなっていますが、高機能なために情報流出の危険性もより高まっています。だからこそ、しっかりとした情報流出のための教育が欠かせないのです。

情報流出が起きた際の対応策を考えておくことも必要です。どんなに気をつけていても漏洩する可能性があることから、コンティンジェンシープランをあらかじめ立てておきましょう。これは、被害や損失を最小限にするために、前もって定めた対応策や行動手順のことをいいます。それにより、漏洩した際に適切に顧客に対して説明責任を果たすことができるのです。

こうした対策も法人携帯業者に依頼することができます。このような機密に関する対策は、プロの業者に依頼すると安心です。サービスも多種多様なので、信頼のおける業者を選び相談するとよいでしょう。

 

使わなくなった法人携帯は再利用できますが、その際に注意するべき点をもう一度確認しておきましょう。初期化し電話番号を変更することで情報流出などを防ぐことが大切になります。業者によって対応などは異なってくるので、必要なサービスを受けられるかを考え、適切に選択して相談するとよいでしょう。

おすすめの法人携帯代理店一覧!

商品画像1
2
3
4
5
商品名株式会社ソルブマネージメントフロンティア株式会社株式会社ビジョン兼松コミュニケーションズ株式会社株式会社ベルパーク
特徴信頼関係を大切にしている最先端テクノロジーを活かしている法人携帯に特化したサイトを運営幅広くサービスを展開携帯電話キャリアショップの運営店
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧