【2022年最新版】法人担当者の方必見!契約におすすめな法人携帯の代理店を比較ランキング形式で紹介しています。

個人携帯を法人名義に切り替えるべきタイミングとは?     

公開日:2022/05/15  最終更新日:2022/07/06

  切り替えるべきタイミングとは?

個人携帯を法人名義に切替えると、さまざまなメリットがあります。事業規模を問わず、法人であれば法人契約をすることが可能です。本記事では、法人名義に切り替えるメリットや、その具体的なタイミング、切り替えに関わる契約等の流れについて解説します。法人名義での携帯電話契約を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

個人携帯を法人名義に切り替えるメリット

個人携帯を法人契約に切り替えると、どういったメリットがあるのでしょうか。5つのメリットについて、以下で解説します。

通信費用を削減できる

携帯電話を法人契約することによって、5~8割程度の費用削減が可能です。とくに魅力的なのが、通話料が無料になる点です。個人携帯の場合、平均すると30秒あたり20~30円程度の通話料が発生します。

一方、法人向けプランでは、国内音声通話の料金が定額となり、社員間の通話であれば無料になるケースもあります。プライベートでの使用頻度に比べて、ビジネスでの使用頻度は高くなります。おのずと通話料金も高額になってしまうため、法人契約を検討してみましょう。

経費として計上できる

法人契約をしている携帯電話料金は、経費計上が可能です。個人携帯と併用する場合でも、事業のために使用した通信費用が明確になるメリットもあります。また、通信費用だけでなく、端末代金についても経費計上することが可能です。

経理作業が簡略化できる

社員が個人で所有している携帯電話を事業に使用している場合、各社員から提出される毎月の明細が煩雑化してしまい、経理作業をするうえで管理が困難になります。しかし、法人契約をすることで、同一名義で契約している回線は一括請求が可能となり、経理作業の簡略化が期待できます。

セキュリティの強化

業務の性質上、多くの場面で機密情報や個人情報を扱うケースが多くあります。そういった情報が漏洩してしまった場合、漏洩させてしまった本人だけではなく、会社としても大きな損害を受けてしまいます。

プライベートと業務で使用する携帯を別に用意することで、リスクを最小限に抑えることができます。また、遠隔ロック機能や位置検索サービスがある法人向けのセキュリティ対策を強化したプランを用意している場合もあります。

業務効率の改善

通話料金が無料になるため、通話時間や頻度を気にすることなく、社内間での通話をすることができ、作業効率や業務のスピード感の向上が期待できます。また、通話だけではなく、それぞれのスケジュールや顧客情報等をクラウド上で共有することで、日々の業務改善につながります。

個人携帯を法人名義に切り替えるべきタイミング

法人名義に切り替えるメリットをお伝えしましたが、どのタイミングで切り替えるべきなのか、ケース別に解説します。

業務で使用する機会が増加している

個人携帯を業務で使用した場合、経費として計上すること自体は可能ですが、実際に業務に使用した分を明細から算出したうえで、計上する手間が発生してしまいます。

しかし、法人名義での携帯の場合、そういった算出をする必要がなく、事務作業の負担が減少します。業務における使用頻度が高くなってきた場合には、法人名義に切り替えることを検討してみましょう。

節税対策を考えている

法人携帯であれば、通信費用および端末代金の全額を経費として計上することで、大きな節税対策になります。また、法人プランで契約することで通信費用が割引になり、お得に使用することも可能です。

個人携帯を法人名義に切り替えるまでの流れ

個人携帯を法人名義に切り替える、または新規で契約する場合の具体的な流れについて解説します。

販売業者に問い合わせる

法人携帯を取り扱っている業者に問い合わせをすると、事前にプラン内容に関するヒアリングを行います。

オフィスまたはショップにて提案・契約

問い合わせの内容をもとに、お客様の状況にあったプランの提供がされます。提示された料金プランやサービスの内容に納得すれば、必要書類を提出して契約が完了します。

端末の発送・受け取り、および利用開始

購入した端末は、契約後1~2週間以内に指定した住所へと送られます。受け取りが完了すれば、携帯電話の利用が開始となります。

契約プランを定期的に見直しましょう

個人携帯での契約と同様に、法人名義での契約の場合も定期的にプラン内容を見直す必要があります。各携帯キャリアでは、日々プラン内容が変更されたり、新しいプランが発表されるため、自社での使用状況や今後の可能性も含めて、常に最適なプランを契約できるようにしましょう。契約プランの見直す頻度の目安は、3~5年程度がおすすめです。

ただし、プラン変更ではなく、キャリアそのものを乗り換える場合、途中解約金が発生する可能性があります。そのため、プランを見直す際には内容だけではなく、契約期間も考慮したうえで、適切な時期に乗り換えられるようにしてください。

 

個人携帯を法人名義に切り替えることによって、さまざまなメリットがあります。業務での使用頻度が高い場合には、コストをより削減することが可能です。コスト面以外にも、業務の効率化やセキュリティ強化にも効果的です。この記事を参考にして、最適なタイミングで法人契約への切り替えをしてください。

おすすめの法人携帯代理店一覧!

商品画像1
2
3
4
5
商品名株式会社ソルブマネージメント株式会社ビジョン株式会社ベルパークフロンティア株式会社兼松コミュニケーションズ株式会社
特徴信頼関係を大切にしている法人携帯に特化したサイトを運営携帯電話キャリアショップの運営店最先端テクノロジーを活かしている幅広くサービスを展開
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧